スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱線事故5年 石橋位子さん「本当に大変な日々でした」(産経新聞)

 「本当に大変な日々でした」。祭壇の前で一礼し、母は静かに語り始めた。親思いの息子は、5年前も誕生日を祝ってくれる約束だった。長男の孝広さん=当時(34)=を亡くした石橋位子(たかこ)さん(64)=大阪府阪南市。追悼慰霊式の「慰霊のことば」で、息子の面影を探し続けた歳月を、涙ながらに振り返った。

 陸上自衛官だった孝広さんは事故の約1年半前、父の新太郎さん(63)の看病のため千葉県から兵庫県伊丹市の駐屯地に移った。

 「じっとしてたらあかんで」。孝広さんは、子供のころ家族でよく行った近所の山に、位子さんを誘った。19歳で家を出た息子との十数年ぶりの山歩き。「おかんのペースでいいからな」。時々立ち止まる息子がいとおしかった。

 だが、幸せな時間は突然断ち切られた。事故から2日後の平成17年4月27日、一緒に祝おうと約束していた60歳の誕生日は、孝広さんの通夜になった。

 この年の秋、一緒に行く予定だった北アルプス・立山連峰を登った。息子の面影を探すためだった。その後も友人や孫らと各地の山を訪ね歩いた。山に行けばいつも、山頂を吹き抜ける風や木陰に孝広さんの息吹を感じ、「天国で元気にしてるんやな」と安心した。

 別々に暮らした期間が長かった孝広さんとの思い出は多くない。2人で収まった写真も1枚しかない。でも、孝広さんは心の中で生き続ける。「それでいい」と今は思う。

 遺品の免許証をバッグにしのばせて臨んだ慰霊式。祭壇の向こうにいる孝広さんを思い、ひと言ひと言かみしめるように話した。「生かされている限り、息子の写真をリュックに入れて旅をするのが夢です」。悲しみは消えない。それでも前を向いて歩いていく。気丈に語る母の目に、最後は涙はなかった。

【関連記事】
負傷者らがメモリアルウオーク JR福知山線脱線事故
JR福知山線脱線事故、25日で5年 慰霊式開催へ
「ともに泣く検察」実現できず JR西の歴代3社長が強制起訴
長女亡くした父、日記でたどる5年 JR脱線事故
遺族「扉が開いた」 JR西の歴代3社長が強制起訴
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「アフガンに寄宿舎を」=故伊藤和也さん両親が寄付-菜の花基金の2000万(時事通信)
「雑誌の投稿欄通じ購入」=福岡県警警部補を送検-改造拳銃所持事件・警視庁(時事通信)
医療費統計の在り方見直しへ―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)
長女なくした父、日記でたどる5年 JR脱線事故(産経新聞)
堺1歳男児死亡 交際相手の暴行明かせず 泉大津でも(産経新聞)
スポンサーサイト

足利事件遺族に謝罪=「真犯人逃し、時効経過」-栃木県警(時事通信)

 1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、栃木県警は20日、菅家利和さん(63)の再審無罪判決が確定した後、被害女児の遺族に謝罪したことを明らかにした。
 県警によると、県警幹部が8日、宇都宮市で、警察庁の担当者とともに約1時間にわたり遺族と面会。「真犯人を検挙できず、時効を経過させた」と謝罪したという。 

【関連ニュース】
法曹人口「ペースダウンを」=時効撤廃には慎重
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」
取り調べ全面録画訴え=再審無罪の菅家さんら
警察庁長官「初動高度化を」=刑事部長会議で足利事件に触れ
「真実語る契機見逃す」=再発防止へ全国に「本部係」

放火の疑いで捜査 外部から火を点けた形跡 足立区アパート火災(産経新聞)
【ECO最先「探」】夢の植物性固形燃料 CO2実質排出量ゼロ(産経新聞)
アパート放火か、女性2人死傷=容疑で捜査-警視庁(時事通信)
【近ごろ都に流行るもの】大人の女性の靴下 優雅に美脚彩る(産経新聞)
元阪神・掛布さんの自宅、競売開始を決定(読売新聞)

<トキ襲撃>犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡(毎日新聞)

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターの順化ケージでトキがテンに襲われ9羽が死んだ事故で、環境省は13日、事故後ケージに侵入したテンの映像を公開した。このテンがトキを襲った可能性があるという。

【動画でみる】トキの順化ゲージに侵入したテン

 映像は、環境省が新潟市で開いた事故の検証委員会で公開された。同省によると、撮影されたのは7日午後6時ごろの14分間。テンが順化ケージの高さ約5メートルの位置にある網目と鉄骨のすき間(高さ約4センチ、幅約20センチ)から侵入し、天井のはりをつたって地面に下りた後、別のすき間(高さ約4.5センチ、幅約23センチ)から外へ出る様子が映っている。

 委員の小宮輝之・上野動物園園長は「(テンはすき間のある)位置を知っていて入ったように見え、既に(順化ケージを)縄張りとしていると思う。あのテンを捕まえ、他のテンが現れなければ、あのテンが(トキを襲った)犯人だろう」と話した。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
【動画でみる】トキのペアの擬交尾
【動画でみる】トキのゲージに野生動物が侵入
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
トキ:襲撃事故で検証委発足 「天敵対策甘すぎ」初会合で

低温情報14年ぶり…寒い予想、広い範囲で(読売新聞)
<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)
元阪神・掛布さんの自宅、競売開始を決定(読売新聞)
<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
<朝倉市長選>前県議の森田氏が初当選 福岡(毎日新聞)

山崎さん、琴の演奏披露=野口さんは笛、俳句も-首相官邸との交信で(時事通信)

 宇宙に響く琴の調べ-。国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子さん(39)は12日夜、首相官邸との交信で、日本から持参した小型の琴で「さくらさくら」の演奏を披露した。広島県福山市のメーカーが製作した琴の音色は、高く、張り詰めた感じ。野口聡一さん(44)も短い横笛を吹いた。
 山崎さんは「宇宙から見る地球があまりにも美しかったので一句作ってみました」として、「瑠璃(るり)色の 地球も花も 宇宙の子」と俳句も詠んだ。これに対し、前原誠司宇宙担当相が「フロンティア 夢も宇宙も 無限大」、平野博文官房長官が「行きたいな 総理もわれらも 宇宙人」と返した。
 宇宙に日本人2人が同時滞在するのは初めて。えび茶色のシャツ姿で髪をポニーテールにした山崎さんは、ISSの日本実験棟「きぼう」の中から、「日本のプレゼンス(存在感)が宇宙空間で広がってきたなと実感している」と話し、野口さんも「正直、楽しい。きぼうで一緒に仕事する仲間が来てくれてとてもうれしい」と笑顔を見せた。 

廃業した鉄工所から火災 4棟焼ける 東京・品川(産経新聞)
「玻」は名前に使えず 両親の特別抗告を棄却 最高裁(産経新聞)
仕送り減、月9万3200円=1日の生活費1123円-首都圏私大生、09年度調査(時事通信)
<雑記帳>ガラスを隔てて猛獣と対面 広島の動物園に登場(毎日新聞)
<坂本龍馬像>飲酒運転はいかんぜよ 巨大人形で呼びかけ(毎日新聞)

山中に犬の死骸100匹=ペット処理業者、不法投棄か-埼玉(時事通信)

 埼玉県飯能市の山中で、マルチーズなど約100匹の犬の死骸(しがい)が見つかったことが6日、県警への取材で分かった。衣服を身に着けた犬が多く、県警はペット処理業者による不法投棄の可能性が高いとみて、廃棄物処理法違反容疑で捜査している。 

【関連ニュース】
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑
粗大ごみを無許可処分=容疑で会社社長ら8人逮捕
産廃運搬会社社長を逮捕=70トン不法投棄容疑
産廃220トン不法投棄=処分業者ら逮捕

普天間 「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相(毎日新聞)
山口大の不正経理、調査対象40人超す(産経新聞)
日航ジャンボ貨物機、整備士が接触を隠して修理 (産経新聞)
<強風>東西線の上下線ストップ、架線に飛来物(毎日新聞)
<雑記帳>西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)

送迎バス事故 30秒間、蛇行運転 500メートル手前で体調急変か(産経新聞)

 大阪府高槻市でスイミングスクールの送迎用マイクロバスが道路脇の壁に衝突し運転手が死亡、乗客の小学生らがけがをした事故で、バスは事故現場の約500メートル手前にある交差点を右折した直後に蛇行運転を始めた可能性が高いことが30日、高槻署の調べで分かった。高槻署は、死亡した運転手、大山晃永(あきなが)さん(65)が交差点を曲がった直後に体調が急変、事故につながった可能性が高いとみている。

 高槻署などによると、バスは29日午後5時45分ごろ、事故現場から約1キロ離れた「高槻スイミングスクール」を出発。決まったルートを走行し、児童らを順次降ろす予定だった。

 バスは約10分後、名神高速道路の高架下のトンネルを通過し、高速の側道に当たる市道に入るため右折。乗客によると、この直後に大山さんは突然うめき声を上げて首を手で押さえるなどして苦しみだし、バスは約30秒間にわたり蛇行運転を続けた。バスは対向車線にはみ出したうえ、炎上した現場の約30メートル手前からは側壁に数回も激突。停車後も車輪がしばらく空回りしていたといい、摩擦熱で出火したとみられる。

 大山さんが勤務するバス運行管理会社「ケイルック」(京都市南区)によると、大山さんは約7年前に契約社員として入社し、高槻スイミングスクールに出向。勤務形態は午後1時半~7時半の6時間勤務で週休2日制だったという。同社は「これまでに大きな事故歴はなく、持病などもなかった」としている。

 事故を受けて、高槻市消防本部は30日、バスの出火原因を調べるため、車体調査を実施した。

 また高槻署は同日、これまでに確認された負傷者10人に加えて、新たに乗客の児童2人も病院搬送されていたことを明らかにした。いずれも軽傷といい、今回の事故のけが人は計12人となった。

舞妓 「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初(毎日新聞)
和歌山で震度3(時事通信)
<将棋問題>第1302回 問題(毎日新聞)
「懸命な捜査、誠に残念」=銃撃事件時効で安藤警察庁長官(時事通信)
大阪のサクラ満開に 昨年より2日早く 管区気象台(産経新聞)

成田空港発着枠拡大、認知度アップへ千葉県も提言(産経新聞)

 成田空港は28日から、年間の発着枠を20万回から22万回に拡大する。それにともない、中東路線やマカオ航空(マカオ線)などが新規就航し、世界各国へのネットワークはさらに広がることになった。成田国際空港会社(NAA)では今後も、当面の目標を「発着枠30万回化」に定め、実現に向けて取り組む意欲を見せている。

 NAAが発表した平成22~24年度の中期経営計画によると、発着回数は今年度の約18万6000回(見込み)から来年度は20万7000回に増える見込み。その後も年約2%のペースで伸びていくと予測している。

 NAAの森中小三郎社長は「27万回までは、大きな投資をすることなく増やせる」と説明。「地域の理解を得た上で、誘導路や駐機場の整備を進めていきたい」と抱負を語っている。

 また、県を中心として、成田空港の認知度やサービス向上を支援する取り組みにも展開が生まれた。

 成田空港の利便性向上などに向け方策を探る第3回「成田空港緊急戦略プロジェクト会議」が26日、千葉市内で開かれ、県は緊急に取り組むべき施策を盛り込んだ「緊急提言」をまとめた。

 主な提言は(1)官民一体となった成田空港のPRの強化(2)成田空港と地方都市を結ぶ国内フィーダー路線のPR・充実(3)空港利用者に対する「おもてなし」機能の向上(4)空港を活用した観光の活性化-の4点。森田健作知事の発信力を生かした広報戦略の展開や、国体に合わせて国内線の利用を促進することなどを具体策として挙げている。

 提言立案にかかわった県関係者は、7月に成田空港と日暮里を最短36分で結ぶ成田新高速鉄道(成田スカイアクセス)が開業することにも触れ「弱点だった(空港の)容量とアクセスが大幅に改善するまたとない好機だ」と期待を込めて語っている。

【関連記事】
3航空会社が中東直行便を新設 成田空港の発着上限拡大で
関空経由で羽田に…アジア系航空「日本国内も共同運航」進む
全日空、労働時間延長を提案 路線拡大のビジネスチャンス狙う
羽田ハブ化で荒れ模様 航空・空港 淘汰の流れ加速
羽田ハブ化へ根深い課題 余裕の仁川、ライバル視せず

<普天間移設>政府案「月内」断念 米の反応厳しく(毎日新聞)
首都圏JR 架線トラブル 一時大混乱 4700人が列車内すし詰め(産経新聞)
<児童ポルノ対策>ブロッキング導入先送り 違法性見解割れ(毎日新聞)
トキ 石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育(毎日新聞)
毒ギョーザ容疑者逮捕、消費者・小売店関係者ら憤りと安堵(産経新聞)
プロフィール

Author:にしおかひろゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。